結婚したら何が変わる - 結婚ワニのウェディングマニュアル

結婚したら何が変わる

結婚したら何が変わる

結婚をすると生活が変わります。社会的にも精神的にも物理的にも。 恋人同士に法律はありませんが、夫婦になった途端、法律が介入してきます。あなたの生活に。

『よし分かった。まかしとけ。じゃあ明日結婚しようっと。』

と安易に行動を起こされると心配なので、このページで『結婚したら何が変わるか』をもっと詳しく説明します。 どうか行動する前に読んでください

結婚すると名字が変わる

ビックリしましたか。コレ事実です。結婚すると名字が変わります。役場に届けを出して、戸籍が変わります。法律です。国民は国家に名前を支配されています。

新郎『鈴木 一郎』様と新婦『大野島 こずえ』様が結婚をすると、新婦『鈴木 こずえ』様になります。あなたのお母さんも結婚前は違う苗字でした。

夫の名字にするのが一般的ですが、そこにルールは存在しません。新郎『大野島 一郎』様でもオッケーです。夫の姓を名乗る割合は約96%だそうです。

夫婦別姓

戸籍上では無理ですか、社会的別姓を名乗っている夫婦は結構います。 例えば職場で名前が変わると、部長に呼ばれるときも取引先の電話もいちいち訂正が大変です。なので、会社では名前を変えない方もいます。 『大野島くん!これコピーして!』のままです。

結婚すると相続権が発生する

夫婦になると遺産を受け取る権利が発生します。配偶者が半分、子供が半分です。独身なら親族が遺産の奪い合いをして誰かが持っていきます。 婚姻を結ばないと愛するあの子に遺産が相続されません。本当に愛しているのならいつか残されたパートナーのことも考えるべき。認められない結婚はあきらめるのも一つの手です。

遺言最強説

そんなあなたに朗報です。対策があります。『遺言』が最強です。『遺産はすべて孫のミキちゃんにあ~げるっ』とジジイが遺書に書けば相続法は無視します。 同性愛者の方なんかは形だけの結婚式をしたあとに遺書の書き合いをしてみてはどうでしょうか。

資産は共有しない

結婚後に稼いだお金はすべて二人のものです。と思われがちですが、そんな法律ありません。お母さんが財布を握っているのは夫婦のルールです。 別に給料を奥さんに渡さずにキャバクラで使ってしまってもいいです。離婚してもいいのなら。そのケースで離婚すると慰謝料が発生します。

ちなみに婚姻中に稼いだお金は個別のものですが。離婚すると共有財産となり分割されます。 旦那の稼いだお金でマイホームを買ったら旦那のものですが、離婚すると二人のものです。

旦那の借金は返す必要なし

夫がいつの間にか借金をしていて、返済期日をすぎ、借金取りが奥さんに返済を求めると犯罪です。奥さんが返す義務はありません。代わりに返済義務があるのは保証人です。 でも借金取りは家に取り立てに来ます。迷惑なので払わざるを得ないかも。立て替えたくないなら離婚しましょう。子供の教育に悪いです。

ちなみに『保証人』と『連帯保証人』の違いですが、債務者が返済不能になった後に取り立てをしていいのが保証人です。 いつでも取立てをしていいのが連帯保証人です。でも取り立ては返済期日を過ぎたときに来ます。普通に返済していれば連帯保証人のもとには来ません。

結婚すると夫婦は同居する義務がある

『夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。』。法律です。同居して奥さんに生活費を渡さないと犯罪です。 民事なので逮捕はされませんが。離婚で慰謝料です。キャバクラで使ってしまわないようにしましょう。

不当な別居が違反

実は同居は必ずしもしなければいけないものではありません。単身赴任などで別居している夫婦もいますよね。簡単に言うと『お互い同意の別居』なら問題ないです。 奥さんが許すなら愛人と住んでもいいのです。私は許しませんが。

つまりそういうこと。『私は許しません』。今回言いたかったのはコレです。 愛人の女性には別の旦那を見つけて結婚してもらわないと。不倫は社会的に無駄なカップルです。少子化問題の解決が目的なので。 ではもう一度おさらいしてみましょう。




奥さんが許すなら愛人と住んでもいいですが、私は許しません




どうですか。これで『結婚したら何が変わるのか』の説明が終わりました。ためになったなぁ。一皮むけたことでしょう。みなさんの笑顔が浮かびます。

これで結婚式はもらった。次世代の結婚リーダーはあなたです。