男にとって結婚とは何だろう - 結婚ワニのウェディングマニュアル

男にとって結婚とは何だろう

男にとって結婚とは何だろう

男性が結婚をするとき、いったい何を考えているのでしょう。女性のあなた。好きだからプロポーズされたと思ったら大間違いです。

男性のあなた、理想と現実は違います。今後の生活はどう変わっていくのでしょうか。いいことばかりではありません。嫁の尻に敷かれるとはよく言ったもんだ。

『よし分かった。まかしとけ。じゃあ嫁の尻に敷かれようっと。』

と安易に行動を起こされると心配なので、このページで『男にとって結婚とは何だろう』をもっと詳しく説明します。 どうか行動する前に読んでください

男は『可愛い奥さんが家で待っている』と思っている

ビックリしましたか。コレ事実です。男性が結婚をする理由は奥さんが可愛いからです。

好きな子がいつも家にいるからです。愚痴を聞いて味方になってくれる人がいつも家にいるからです。おっぱいを揉みたいときに揉んでもいい人がいつも家にいるからです。

男性はあまり先のことまで考えて結婚をしていません。将来の安定を見据えて結婚する男性はあまり多くないのです。 なぜなら男性は一人で生きていけるから。もう21世紀ですが、まだ男性のほうが社会的な立場が上である傾向が高いです。給料多目です。

お母さんになる

女性はすぐ豹変します。お母さんになります。子供を生んで実感がわくのでしょう。 いつまでもキャピキャピしてられないわ。子育てしないと。貯金をしないと。息子を幼稚園から私立に通わせないと。

男は『家政婦が出来て楽になるなぁ』と思っている

男性は嫁が当然家事をやると思っています。ゴミを出しただけで家事分担だと思っています。独身時代に一人暮らしで家事も出来るくせに、結婚すると嫁にまかせます。 なんか当然と思っちゃう。なんでだろう。ゴミ出しと風呂掃除ぐらいはしたいところ。

あげまん

付き合った男性の運気があがる女性を『あげまん』といいます。オカルトです。 これを理論的に説明すると、家事、子育てと家のことをすべてやってくれて、愚痴を聞いたり美味しい料理を作ったり、外のストレスをすべて解消してくれる女性と付き合うと、仕事に精が出て結果を出したりします。 これも一種の『あげまん』です。

お父さんにならないと奥さんに怒られる

いつまでも嫁に愛情を求めていると、奥さんが突然怒り出します。あなた休日だからっていつまで寝てるのよ。早くお父さんになりましょう。怒られている様子が息子の作文のネタにされてしまいます。 お父さんがだらしないことが学校でバレるとまたお母さんが怒ります。お母さんは世間体を気にするので。

そして嫁が可愛くなくなると浮気をするわけです。旦那は結婚してもまだ恋愛が続いています。嫁に魅力がなくなったら他の娘にいっちゃうかも。 新人のOLさんにお茶と一緒にLINEのIDを渡されてしまいます。

下の毛を剃る

浮気防止策その1です。その2はありません。下の毛を剃ると浮気が出来なくなります。そして温泉旅行も行けなくなります。家族旅行といえば温泉が定番なのに。 また楽しみが一つ減りました。こんな辛い世の中ではたして生きる意味はあるのでしょうか。

つまりそういうこと。『こんな辛い世の中ではたして生きる意味はあるのか』。今回言いたかったのはコレです。 辛いからこそ夫婦になるのです。夫婦はお互いに協力して支えあう義務があります。 ではもう一度おさらいしてみましょう。




こんな辛い世の中ではたして生きる意味はあるのか




どうですか。これで『男にとって結婚とは何だろう』の説明が終わりました。ためになったなぁ。一皮むけたことでしょう。みなさんの笑顔が浮かびます。

これで結婚式はもらった。次世代の結婚リーダーはあなたです。