女性にとって結婚とは何だろう - 結婚ワニのウェディングマニュアル

女性にとって結婚とは何だろう

女性にとって結婚とは何だろう

結婚といえば子作りです。繁殖は生物の本能です。出産が結婚の一番の理由です。 妊娠したら仕事が続けられない。そのまま育児もしなければ。女性は結婚で生活がガラッとかわってしまいます。

『よし分かったわ。まかしといて。じゃあ子作りしようっと。』

と安易に行動を起こされると心配なので、このページで『女性にとって結婚とは何だろう』をもっと詳しく説明します。 どうか行動する前に読んでください

女性は『今後の人生を安定させるために結婚したい』と思っている

ビックリしましたか。コレ事実です。女性が結婚をする理由は今後の人生を安定させるためです。男は金づるです。

要は就職です。子供が出来たら一年は休むのだから仕事が出来なくなります。生活が苦しいならまた私が働いてもいいけど。出来れば高収入の旦那を捕まえて専業主婦がやりたいです。

女性は結婚したら恋愛は終わりです。というか『結婚を考え出したら』恋愛は終わりです。 そこからビジネスです。先物買いです。目つきが変わります。ハンターの目です。サバンナに生きています。ライオンだって狩をするのはメスです。

女性は『周りの評判をあげるために結婚したい』と思っている

いい年してまだ結婚をしていないと女性は焦りだします。女性には賞味期限があるのです。それを周りが馬鹿にしていると思っています。女性は男性よりも自分の見た目を気にするじゃないですか。 独身女性はみっともないです。魅力が有りません。ヴィトンのバッグと同じぐらい旦那が欲しいです。友達に見せびらかしたいです。

子供が学芸会で石の役に任命されたら気に入らないです。お父さんは『別にいいじゃん。面白いじゃん。』と思うけど、お母さんはみっともないと思います。自分の子供が主役じゃないと恥ずかしいです。 桃太郎役の息子を友達に見せびらかしたいです。

最近の桃太郎

最近の桃太郎では犬猿キジは家来になりません。仲間になります。船は交代制でみんなで漕ぎます。きびだんごはただのおやつです。モノで仲間を釣ったわけではありません。 そのうち『本当は怖い桃太郎』の本が出そうです。先に子供に教えてあげましょう。

女性の社会進出

女性は結婚すると高い割合で仕事を辞めますが、ズバリ、そんな時代じゃありません。女性の社会進出は日本の経済難を救う方法の一つです。 働く人が増えれば税金を払う人も増えます。政治家はそこを狙っています。

結婚してもお母さんが普通に働けば単純計算で税金が倍です。家庭もリッチになって消費が増える。お金が回って景気回復。いいことずくめです。 ただでさえ夫婦は子供の学費やマイホーム資金を貯め込むので経済の敵です。金の動きを止める悪魔です。

つまりそういうこと。『夫婦は金の動きを止める悪魔』。今回言いたかったのはコレです。 働きましょう。子供は親に預けて。だから旦那の年収は気にするなと。それで結婚できない女性も減ります。いいことずくめです。 ではもう一度おさらいしてみましょう。




働きましょう。子供は親に預けて。




どうですか。これで『女性にとって結婚とは何だろう』の説明が終わりました。ためになったなぁ。一皮むけたことでしょう。みなさんの笑顔が浮かびます。

これで結婚式はもらった。次世代の結婚リーダーはあなたです。